結婚式場は時代によって変化を遂げる|最新の方法

出欠がとれ次第すぐする

パーティー

配置が大事

披露宴で必要な物といえば、席次表ではないでしょうか。手作りされる人もいますし、式場に頼む人もいらっしゃいます。席次表はマナーやルールが沢山ありますので、それらに気を付けて作成することが大切です。席次表は席への案内とどのような方々が参加しているかの、招待客の紹介も兼ねています。その他に新郎新婦の紹介やメニューの紹介等招待客に少しでも待ち時間を楽しんでもらえる工夫をされたりする人もいます。席次表を作成するにあたりとても大事なことは、席の配置を決めることです。席の位置は二人の関わりの深さや立場によって決めます。新郎新婦の座る高砂に一番近い席が上座になり、一番遠い席が下座になります。高砂に一番近い席には、主賓や職場の上司や目上の方等に座ってもらいます。一番遠い席は、両親等の家族に座ってもらうというルールがあります。そして席の配置が決まれば、後は肩書き等をつけていきます。すべての人に肩書きをつけなければなりません。そして家族以外の人には基本的に様をつけます。小さい子供さんには、「ちゃん」や「くん」をつけたりします。席次表を制作するので一番大変なことは席の配置です。出欠の確認がとれ次第すぐに、手をつけるほうが良いでしょう。席の配置にはルールがありますが、テーブルの配置や数の関係で必ずその通りに行くとは限りません。その場合はすぐにウエディングプランナーさんに相談する方が良いでしょう。そして素晴らしい席次表を作成し、招待したゲストに楽しい時間を過ごしてもらえるようにしましょう。